RADAC RD-1000 部品一覧表

レストアでバラバラに分解したのに合わせ、折角の機会なので各パーツのサイズや重量を測定したので一覧表に纏めてみました。いずれも測定誤差はそれなりにあるので参考値程度です。

メインコンポーネントはシマノの600EX/6200系で、600シリーズは後にアルテグラに名前を変えて継続しています。コンポーネントの年代およびフレームとフォークの"6"で始まるS/N、ネット上の情報などからこの車体は1986年末頃の製造と判断しました。翌1987年にはSISは7速化しています。

ステムの突き出し量はNittoの商品説明に習い、ポストから垂直に測った距離(C-C)を使いました。
外観は同社の"Pearl"に相当するので、角度は71度かもしれません。

10/5追記 クランクのQファクター値(100mm)を追加しました。
10/20修正 Qファクター値は142mmの間違いでした。

部品一覧表
部品名 部品番号/名称 重量 [g] 寸法/仕様 備考
フレーム単体 RD-1000 1412 フレームサイズ C-T 505mm エンド幅127mm フレーム番号6Lxxxxx
フォーク
513 コラム長〜120mm  フォーク番号6Yxxxxx
ヘッドパーツ HP-6207/600EX 45

フレーム+フォーク+ヘッドパーツ
1970
ラグ塗装後の測定値





ハンドル NITTO Mod55 321 幅390mm φ24.0 ステム部分φ26.0
ステム NITTO 301 Φ22.2 ステム長148mm 突き出し85mm 角度72度 アルマイト剥離後にポリッシュ
ステム NITTO 193
鉄製の臼や長いビスを除くアルミ部分
エンドキャップ2個 OGK GX-200 18






ブレーキレバー BL-6209 248
固定バンド、樹脂製ガイド込み
キャリパーブレーキ 前後 BR-6208 241 39-49mm 取付ボルト長=前55/後40mm シュー無し
ブレーキシュー 純正 シマノLow Profile60 88
金属製のプレート込み
ブレーキシュー 社外品 BBB BBS-01 90
前後(4個)
Wレバー 左右 SL-6208 70 6速SIS
フロントディレイラー FD-6207/600EX 110 Capacity 18T φ28.7 1984-1987
リアディレイラー RD-6208/600EX 204 Total Capacity 28T/Max Cog Size 26T 1986-1988 プーリー間隔48.3mm セラミック軸受のガイドプーリー
クランクセット FC-6207/600EX 676 165mm 52/42T PCD130
Q Factor=142mm
キャップ込み ギア間隔6.6mm
クランクセット(インナー交換後) FC-6207/600EX 669 165mm 52/39T キャップ込み
ボトムブラケット(BB) シマノ製 326 68/116mm ボルト込み
クランク+BB(52/39T)
995
ホローテッククランクとの比較用
リングギア 純正 シマノ製 49 42T t=3.8
リングギア 社外品 DriveLine DX-130 42 39T CNC7075





リアスプロケット UG6速カセット
13-21T(13-14-15-17-19-21) トップギアねじ込み式
チェーン UG 356
108コマ





シートポスト SAKAE 300 φ25.8 L-86
サドル(純正) セライタリア 414

サドル(交換後) サンマルコ ロールス 367






ペダル 純正 左右 Pdー6207/600EX 402
クリップ無し
ペダル 社外品 クランクブラザースCandy-X 342
クリート込み





ホイール 前 Mavic Speciale Sport 770
クイック無し
ホイール 後 Mavic Speciale Sport 1120
UG 6S 13-21Tカセット込み
クイックシャフト 前後 シマノ製 159
スチール製
ハブ 前 HB-6207/600EX
100mm幅
ハブ 後 FH-6208/600EX
126mm幅
タイヤ 旧 Deming 210RV 540
2本
タイヤ 新 Vittoria STRADA ALLBLACK 564
2本
ベル 不明 57

リフレクター CATEYE RR-210-A2 43

ケーブル類一式 純正 シマノ製 130






ボトルゲージ ジュラ 青 ミノウラ 青 38

ボトルゲージ 樹脂 Topeak 54

前照灯 AKSLEN HL-120 142
ブラケット、AA充電池2本込み
後方点滅灯 Bikeguy Tristar 19
CR-2032x2込み

コメント