白と黒

関西で学生生活を送っていた最初の数年は寮生活で、拾い物の白黒TVで関西ローカルの番組を見てたりしました。殆どFMラジオ中心の生活でたまにしかTVを観ないのでそれで事足りてましたが、F1とWGPの中継だけは色が分からないとマシンの見分けがつかず難儀しました(笑)

という思い出に浸りつつ、白と黒のお話を。

白は樹脂の漂白。こんぺハウスさんのレストア記事を読んで以来試してみたかったので、先月のイベント後から手持ちのパーツで試してました。情報に従いワイドハイターEXを入手し、タッパーに入れてラップを被せ西側の屋根の上に出しっ放しで2週間ほど放置しました。最初はプラズマのホイールで途中からアクシスEXのパーツも投入。晩秋で日射が弱めの為か劇的な効果は得られませんでしたが、開始時よりは全体的に黄ばみが落ちた気がするので良しとします。

漂白開始時

1週間後
2週間後 水洗いの後、鍋で軽く煮ました

ポン酢で美味しく頂きました(嘘)


またかずしぼりさんで紹介されていたバーチウッドのスーパーブルーと言う金属用表面処理剤を入手。古いネジの黒染めなどで使う予定です。

コメント

  1. こんにちは。美味しそうな鍋っすね。
    西洋の具も入ってるような?気になります。
    スーパーブルーは使い方で風合いが変わるので面白いですよ。
    記事は違いですが、ターナーが画家の名だとは知らずに使ってました。
    鶴見川サイクリングコース...もろに地元です。春になると鴨居の桜が綺麗です。

    返信削除
    返信
    1. コメントサンクスです。
      西洋の具はロール制御のお皿辺りでしょうか。アクシスEXは前所有者の手で改造されているので、そのパーツですね。

      スーパーブルー、試してみるのが楽しみです。

      鶴見川CRはのどかで良い感じでした。

      削除

コメントを投稿