HRC 2011年12月戦(最終戦)


表題のレースに参加しました。参加クラスはスポーツの2駆と4駆、今回が1年間通じてのシリーズ最終戦になります。そのせいか参加者も割と多めで、レース終了時にはすっかり日も暮れていました。日中は日差しが強く暖かかったです。今回はMしまさんに塗装したボディを渡すと言う大事な目的があったので、それが済んだ時点で半分は終わった気分でした。


スポーツ2駆
RB5はこのところ微妙に調子を落としていたので事前に気になっていた部分をチェック。全てを完全には出来なかったので今回はダンパーメンテと曲がったロッドエンドの交換&キャンバーの再確認とギヤ比の変更だけでしたが、その御陰か幾らかは復調したみたいです。ただブレーキング時にくるっと一定方向に巻く症状はまだ解消せず。車体の左右バランスはブラシレス化に合わせてSP2のギヤボックス仕様にしてあるのでそう悪くはない筈ですが、一度きちんとチェックしないと駄目かも。ウイングは京商の「ブラスト」に幅の狭いタイプが出ていたのでそれを使いました。ブラストは肉厚で丈夫なので4駆でも好んで使ってます。
予選は14位/16名、決勝はCメインで残り2分くらいでトップに立ってそのまま逃げ切りました。下位メインですが久々のトップゴールなので嬉しかったです。

今回の教訓:メンテは大切。

スポーツ4駆
ZX-5はSP化して以降、何時も大体良い調子を維持出来ていて特に不満も無く良く走ってくれてます。パーツが尽きるまではこのままで行こうと思っています。
予選は9位/10名、決勝はBメイン3位でフィニッシュ。前を走る二人に追いつくことは出来ませんでしたがなんとか同一周回で終われました。

自分は以前北海道のシンタニの室内コースで走らせていたせいか、どちらかというと湿ったハイグリップ路面の方が合ってるみたいです。なので今回はいつもよりは幾分ましに走ることが出来た気がします。予選より決勝のほうがラップタイムがよかったのも今回が多分初めてでした。

年間の総合順位ではS2駆が137ポイントで11位タイ、S4駆が170ポイントの7位になりました。前後には自分より速い人が並んでいるので、単純に有効参加レース数の多さ(11戦中8回参加)によるものです。

他の趣味との兼ね合いも有り来年度はどのくらい参加出来るか分かりませんが、出来る範囲で続けて行きたいと思っています。

いつも通りの2台

Mしまさんに無事お渡ししたボディと並べて記念撮影(右は201)

ZX-5 予選中に久しぶりの骨折



紅葉


柿 爆弾注意?

日差しが暖かかったです

コメント