オーディオラックの製作

GW中にリバプールが一応直ったので、それを置くための場所としてラックを部屋奥の壁際に作りました。

材料は今回特に用意せず、過去にガーデニング用に入手してあった角材と板材を流用しました。着色は今回オイルステインで行いましたがそれなりに雰囲気が出て良い感じになりました。色移り防止にニスの上塗りも必要なのですが今回は省いて様子見しています。

この場所にラックを設置します

まず土台となる枠を組みました
今回は片側だけですが、天井まで届かせることで家具の転倒防止効果が得られます

屋外で着色の作業をして再度設置
枠組みはタンスの天板の下からネジを通して合体させています

棚板の組み付け


組み上がり状態

タンス上面にはコルクを貼ってみました

R-200のチューナーアンプは中段に載せます
設置後のケーブル類の差し替え時に便利なので、背面の写真を撮っておきました
こんな感じになりました

メインのLiverpoolの他にも、ここ数年使ってきたコンパクトなDENONのCDレシーバーM39と、去年購入したONKYO D55EXの小型スピーカーの省スペースなセットも有るのでそちらも併用しています。スピーカーはメインのD-200IIはツイーターを外側にする形で横向きに寝かせて天板上に載せ、その外側にコンパクトなサブのD55EXを縦置き配置しました。スピーカはかなりの重量物なので、落下防止として地震対策用のゲルパッドを敷物として使っています。音質よりも安全を優先させていますがそのうち別の方法を考えるかもです。

コメント