YosemiteからEl Capitanへ


自宅で使っているMacのお話です。

OSX 10.11 El Capitan、10.10 Yosemiteの次のリリースで名前の通り前作の正常進化・改良版に相当します。以前の10.5 Leopardに続く10.6 Snow Loepardも軽くて速くて良い出来のOSでした。今回は描画周りのAPI刷新などで全体的に動作が向上しているとのこと。評判も上々みたいです。バグ回避の意味で最初のリリースは避けているのですが、修正版が出たので週末の時間を利用してインストールしてみました。普段からデータのバックアップを取ってあるので今回も移行作業はこれと言った問題もなくスムーズに完了しました。

サクサク感が増して割と良い感じです。

コメント