SCOTT SUB30 Part.4

作業の続きです。
先週末と29日の祝日でハブ周りの分解清掃、ベアリング球の交換とグリスアップ、新パーツの取り付けなどを行いました。

ホイールハブの分解清掃

フロント側

内部に腐食あり

球と擦れ合う部分はギリギリ大丈夫かも

前後共にベアリング球は腐食して表面が凸凹になってました
前は殆ど傷の無い中古品を使いました

前の組み上がり
ベストでは無いですが、取り敢えず再調整で元の大きなガタは無くなりました

リア、フリー側
こちらも腐食跡が有りました

押す側に何故か斜めの磨耗跡が付いていましたが、
シャフトの曲がりは殆ど無かったのでカップ側の傾きかも

リアは手持ちストックの新品の球を入れておきました

完璧では無いですが、妥協して組み上げました

新品パーツの取り付け開始
今回の購入品
町田の糸井サイクルにてオーナーさんと一緒に買ってきました


こちらからの提供パーツ
中古ですが状態はそれほど悪く無いと思います

ハンドルは鉄からアルミになって軽くなりました。幅は若干狭めなので保管時には良いかも

BBも変えようかと思いましたが、一応許容範囲内の動きに感じたので継続使用に


ハンドル周りは全て新品部品で置き換わりました

大分形になってきました

ぱっと見では悪く無いかも

続きます。

コメント