スコーピオン2014 発売記念走行会@YRオフロードパーク

表題的な集まりに参加して来ました。行きの大渋滞弩嵌りで7時前に家を出たのに到着は11時前と、気力体力共に削られまくりで初っぱなからぐったりでした。更には地面の熱で靴底が剥がれたりと、全般にトホホ感漂う真夏の日差し照りつけまくりな過酷な一日でしたが、どうにかこうにか切り抜けました。

前述の様に暑いさなかでの開催でしたが、スコーピオン2014が無事に発売になった暁には走行会をしましょう!と約束していたので、時期的には仕方が無いと言ったところですね。楽しい企画をありがとうございました。

肝心のスコーピオン2014のシェイクダウンですが、そちらは非の打ち所がないくらいの最高の出来映えでした。リファインされた駆動系は滑らかで不安感一切無し。ダンパーも容量の小ささや組みにくさなど完璧では有りませんが、動作自体は悪くない様子でした。今回特に感心したのは「前脚が良く動いてる!」で、どちらかというと突っ張り気味だった旧型での印象が有ったので新鮮でした。新型の2014はまだ弄り始めたばかりですが、これからも出来る限り末永く付き合って行きたいと思っています。次の32年後にも走ることが出来ています様に。(マシンと自分自身の両方が)

スコピ系シャシーで一杯!

主にT2さん持ち込み車両
右前はT2さんの走行用2014、このボディカラーはかなり私好みでストライクでした。
左前はkumaさん2014、ライン部分のシルバーでかなり格好良く纏まってセンス良かったです。

後列2台は私の新旧スコーピオン、手前左はTanatwoさんの2014
カラーリングセンスは相変わらず抜群で旧車系塗装のお手本のような仕上がり

後列は同じくtanatwoさんの旧トマホーク、旧車体の最終進化バージョンのような至高の一台
前列左はNakayamaさんの2014、右はtqtoshiさんの2014
お二人とも短時間で塗り上げたようですが十分格好良いところが凄い…

私の2台も混ぜてもらって撮影
今回の私の持ち込みネタ、だめんずラベルのまったり用途モーターも展示。印刷したデカールも配布しました。
プロストック2の30Tは当日配布されたNakayamaさんからの頂き物です。これもラベル貼り変えて使用するつもり。

今回はRCマガジンさんの取材が入りました。個別面談方式で愛車紹介の取材。T2さんのマシンが撮影されているところ。
同じくT2さんの当時物。

私は今回到着が遅くなったので走行開始は午後に取材を受けてからになりました。その前に並べて記念撮影。

初代スコーピオンは旧車バギーの中で最もお気に入りのマシン。今回2014の登場でお気に入りが増えました。

大好きなので何枚でも撮影しちゃいます(汗)

2014はまずESCと相性の良いLUNA30Tで走行開始、その後色々と別のモーターに換装してテストしました。モデ缶なので綺麗に回ってる印象ですが進角を最小限にしているため程良いパワー感で扱い易く、240Sを模したこのラベルの効果もあってお気に入りのモーターになりました。

初代スコーピオン、走行後。カーペットの繊維が車体に大量に付着しています。ブロワーで吹けば取れるので問題無いですが、一方で路面のダメージが少し気になりました。ラリーより車重の有るバギーは攻撃力が高いのかも。

#モーター周辺に特に集中している様に見えるのは、静電気と電流によるある種の吸着作用なのかなと想像してみたり。

初代スコーピオンは撮影時のみ当時ものタイヤ前後を履き、走行にはプロライン2.2インチM2M3コンパウンド前後を使用しました。第2回YR V.C.以降よく使っているタイヤです。アクスル部分にインチミリ変換カラーを介して装着しています。
初代スコーピオンはケイ素鋼板カバー付きのLE MANS 600Eです。進角設定とかは最小にしています。

15分程度の走行後。今までは50度以下の時が多かったので、今回は高めですが炎天下なので仕方が無いでしょう。ダメージを抑える為に走行時間をいつもより短めにしてファンで冷ます様にしました。

ピット風景

2014に途中から装着した540モーターもかなり高めの温度になっていました。写真は多分Hi6.9での長めの走行後。今回6.9と8.3の両方のギア比設定を試しましたが、8.3のほうが私の使ってる廉価系パワーソースとの組み合せでは立ち上がり加速が良く走らせ易く感じました。
#もっと良いパワーソースを使っている方の話だとその二つのギア比ではフィーリングに差がないという意見も有ったので、ケースバイケースかもしれません。

旧HRCレースでの盟友、M島さんも今回お誘いして参加して頂きました。アルティマRB5WCと並んで2014。共にシンプル系カラーリングで纏めてますね。白部分はパールホワイトだそうです。

ご本人。またご一緒しましょう。

初代も走らせましたが特にトラブルも無くちゃんと走ってくれました。盛大なノイズを発生する社外製1.0モジュール金属ギアの駆動系を始め、全体的に粗さが目立つ走行フィーリングでしたが、2014とはまた違った味わいが有るのが良い所です。

2014に白ジョンソン540を装着したところ。確かに出力はマイルドですがパワーの必要なコースではないのでそこそこのペースで走行は可能でした。

初代は以前からフォーリングの良かった組み合せでの走行。ショートリポ+600E(当時物30T)+前後PL2.2タイヤ。

2014は今回手持ちバッテリーの関係でロングリポ4000での走行でしたが、前荷重多めになる為かフロントハード/リアミディアムのキット標準タイヤとの組み合せではむしろバランス的に良かったかもです。

なるべく組み立て説明書通りがポリシーですが、個人的好みでスコピはタイヤ下部が狭くなる逆ハの字の”ポジティブキャンバー”がよく似合う(&走らせ易い)と思っているので、2014でも試しましたが悪くない印象でした。
#今月の雑誌記事によると、ポジキャンはグリップを逃がす方向だそうです。

何故だかこの方が落ち着きます。昔のキットを説明書通りに組むと自然とそうなるからかな。私のこの好みは長年の刷り込みが加わった結果のようです。2台共に若干のトーインも付けています。

帰路は丁度花火大会の最中。途中で路肩にバイクを止めてしばし眺めて来ましたが綺麗でした。

距離は有りましたが迫力の重低音が響いて来て見応えが有りました。このあと下道をゆっくり走って日付が変わる前に無事帰宅しました。

コメント

  1. 朝から渋滞とか熱による足回りのトラブル(苦笑)とか
    色いろお疲れさまでした。
    それと、開催日の勘違いに気づいてヨカタネ(・∀・)!

    返信削除
    返信
    1. あやうく日曜日のYRで一人茫然と立ち尽くしているところでしたよ(笑)そちらの事前のブログ記事で気が付いたので助かりました!

      削除
  2. お疲れ様でした。
    暑すぎて自分もモーターもオーバーヒートしちゃいましたが、楽しかったですね。
    この時期自転車もラジコンもキツイです。

    返信削除
    返信
    1. tanatwoさんも風邪で万全ではなかったそうですね。お大事にです。楽しい企画をありがとうございました。

      削除
  3. 炎天下のなか、移動お疲れさまでした。

    暑かったですね~。靴の接着部分が剥がれておりましたが、その後
    シューグーやらタイヤ用接着剤やらで接着できたでしょうか(笑)

    とても楽しかったですね。次の機会も是非宜しくお願い致します。

    返信削除
    返信
    1. えっシューグーにそんな使い方が!って冗談ですw

      次にお会い出来るのは暫く先かもしれませんが、ネット環境で便利な世の中、これからも情報交換宜しくです。

      削除
  4. イベント、レポートお疲れ様でした。
    スコーピオンの誘惑に耐えながら何度も記事を拝見させて頂きました。
    みなさんカッコイイっすね。

    返信削除
    返信
    1. 感想ありがとうございます。
      我慢は体に毒です。欲望に身を任せましょう。
      磨くも眺めるも走らせるも良しの金属シャーシ、この機会に是非ご検討下さい。きっと満足出来ると思いますよ。

      でもまずはその前に、進行中のアルティマPROのシェイクダウンですかね。

      削除

コメントを投稿