スコーピオン2014 製作編3 メカボックス塗装とウイングの染色

今回のメカボックスとウイングには純正の黄色の他にOPで赤と黒がそれぞれ用意されていますが、塗ったり染めたりも普通に可能なようです。

メカボックスはまず細か目のスポンジヤスリで軽く表面を荒らして脚付けをおこない、中性洗剤で洗って脱脂します。中に塗料が回り込まない様に紙ウエスを詰めて軽く養生し、上下をひっくり返して塗装します。バッテリーハッチ後部の金具を取り付けてフタのずれを防止し、前は外しておきます。フタは自重で被せているだけです。材質は多分ごく普通のABSだと思うのでラッカー系の塗料なら多分何でも良いと思いますが、今回は模型用のグレーのプライマーを吹いたあとで染めQのメッキ調シルバーで塗装しました。割と簡単にオリジナルカラーに出来るので興味有る方はお試し下さい。

写真では一部むらになってしまっているので、再塗装の予定です。夜のベランダで作業したせいで確認が甘かったようです。

ウイングは純正の黄色を黒に染めました。黒はOPで買えるのでそちらを入手した方が簡単ですが、先日の買い物の際に売り切れだったのと、この材質での染めの適合性を知りたかったので試してみましたが成功しました。
メカボックスの塗装

ウイングの染色 ダイロンの黒

コメント