旧車イベントの準備

去年はトントンの他にYRのイベントにも参加したので、走行可能な車体が既に幾つかは有ります。と言ってもそれぞれ弄りたい部分は有るので、少しずつ作業を進めてます。


毎年の事ですがその時点で温めていた企画と新作のプランが有って、過去には実行出来ずにそのまま参加する事も多かったのですが、今回は最後という事も有って残り時間の少なさを省みずに新作に取りかかってます。初代アルティマ系派生のトラックシャシー(アウトロー?)のジャンクをレストアして、バハバグのボディを載せました。バハバグボディは2枚手元に有って、パーマ製の方がスケール感が高くて良いのですが今回はじっくり塗れそうにないのでより簡単そうなActive製(AC303)にしました。元々はクローラー用のボディでWB260mmです。
ベースのジャンク車体

埃っぽいです お掃除

ざっと洗浄後

ギヤボックス組み直し ギアデフ仕様です

フロントダンパーは余り物の京商アジャスタブルダンパーS

ミニジーラとカラーリングを揃える予定です

もっちり感が良い感じです


フロントのダンパーステーは高過ぎたのでPRO系サイズの自作プレートと交換。フロントのボディポストは汎用品。ホイールはHPIのMT用の古い製品、タイヤはパンサー前後で以前ヒルトップレースのトラギー用に用意した物です。トントンの土質には合わなさそうですが新しいのを用意するほどでもないので取り敢えずこれで。

車体はほぼ出来上がっているので多分間に合うと思います。週末にボディ塗装とメカ積みを行う予定。


コメント