YRで走り初め 動画と感想



レンガと板カーペットで構成された初心者向けの新コースは1/10バギーだとぎりぎり曲がりきれるかどうかでしたが、テクニカルで面白いレイアウトでした。コース中に高低差がかなり有って立体的なのも良いです。というか良くこれだけのものを作ったと率直に感心しました。

今回は寒いので単車での移動は諦め借り物のクルマで移動しました。行き帰りとも下道でしたがどちらもかなり空いていて快適に移動出来ました。持ち込んだマシンは初代アルティマとロングホイールベースのオプミ改の2台。今回はまず初心者コース、次にラリーコースと奥の本コースの全てで走行しました。ラリーコースは霜の影響で路面がふかふかでタイヤが合わずやや苦戦。その路面でも元気に走り回ってる常連さん達のラリーカーが見ていてとても楽しそうでした。本コースは現行車両が多数走っていた為か路面はそこそこ良い状態。リフェ+ブラシ21Tの初代アルティマは本コースの広さではアンダーパワーだったのでまずピニオンを大きく、次いでモーターを変えてみました。ヤギさんから頂いたLe Mans 360PTは想像よりはマイルド傾向の様子で、リフェとの組み合わせでは速すぎず遅すぎずの旧車に優しいパワーソースに感じました。550サイズなので2駆のアルティマに載せるとややテールヘビー気味に。リポとの組み合せで4駆で使うほうがより楽しく走れそうです。センサレス13T+リポでそこそこパワーの出ているオプミ改では3連ジャンプも何度か2-1で跳ぶことが出来て楽しかったです。

ヤギさんの持ち込み車両はグラスホッパーとフロッグの2台。フラットでテクニカルなレイアウトの初心者コースでは良く曲がっていて合っている様に感じました。また当時仕様のイボタイヤはラリーコースのふかふか路面では最適だった様子。これから始める後輩さんもご一緒で見学されていました。自分のマシンを組み立て中だそうで次回以降が楽しみです。

暖かくなったらまた行こうと思います。

コメント