スコーピオン 小変更

先日の走行会で不満が出た部分を少し弄りました。
硬過ぎた脚を見直して前は手持ちで一番柔らかそうな京商の#30、リアは昔の5色の一番柔いシルバーにスプリングを変更。ダンパーオイルも併せて柔らかく変更したいところですが入手してないので次回に。

ギアボックスは特定のギア同士(センターギアとその隣、モーターから遠い側)の噛み合わせが浅いのが異常摩耗の原因の様子で、金属ギアにも関わらずその部分はかなり摩耗していました。対策としてプレート固定部分の穴を長穴加工して間隔を詰めました。頂き物のモータープレートは今回使用せず。

CRP製のバンパーはゴムブッシュを介して柔らかく固定してみました。元々このシャシーはバンパー取り付け位置が高いと感じていたので、斜め下前方に突き出す形になっています。ゴムブッシュマウントで対クラッシュの向上も狙ってますが効果のほどは現時点で不明。企画倒れの予感も。。。
上記の固定法でタイヤとのクリアランスは増えましたが大径現行Fタイヤとはまだ若干ステア時に接触が有るので、干渉部分をリューターで削りました。ワイドで曲げ加工もあるこのバンパー、初代とよく似合うので良い感じです。

 2012/11/09
Rショック スプリングと取り付け角度を変更

モータープレート
上は標準でモーター位置固定
下は頂き物で可変


ギアボックス
ギアの噛み合わせを再調整

センターギアと右隣のギア間のクリアランスが過多だったので
モータープレートの3カ所の固定穴を長穴加工してバックラッシュを詰める


組み上がり

FバンパーはCRP製
大径タイヤとの干渉を避けるためテープの位置を削った


取り付け方法を工夫
プラスペーサーでゴムブッシュを挟み込む様にして斜め下前方にオフセットさせて搭載
多少の緩衝機能有り



スイッチ部分の純正アルミプレートが発掘されたので取り付け

コメント

  1. Y.Rさんのブログで動画が公開されましたね。
    RC10の走り、異次元です。

    金属ギアは完調ではなかったんですね。
    この後は軽い負荷をかけて慣らし運転、でしょうか。

    返信削除
    返信
    1. 明日ヒルトップの月例レースがあるので、休憩時間にでもこっそり走らせて来ようと思っています。(壊さない様に慎重に…)

      本当は年内にでももう一回YRかトントン辺りに行ければ良いんですけど…厳しいかな。
      出来上がると走らせたくなってしまいうずうずしています。

      削除
    2. このコメントは投稿者によって削除されました。

      削除
    3. メール、発射しました。
      YRもトントンもOKですのでお供したいです。
      お天気と仕事の都合次第ですね。

      削除

コメントを投稿