DIY 木製雨戸の補修

我が家は築40年ほどの古い木造家屋のため、雨戸は枠も戸も木製です(増築した部分はアルミ製)。1階の庭に面した場所の雨戸が老朽化で一部壊れた為に補修しました。腐食した原因は雨以外にも、園芸の植物への散水もかなり関係してます。

今回は腐食して壊れた部分の一部を切り取り新しい木材を追加し、表2裏2両脇2の計6個のL字金具で固定しました。以前から戸車を取り付けて動かし易くしてあったので今回も同様にしました。再塗装はもう少し暖かくなってから。

破損箇所の補修

ノミで戸車埋め込み用の溝を切り出し
予め太めのドリルで幾つか穴を開けておくと楽です

取り付け後
ウレタン製の30mmサイズ

完成

枠に嵌め戻したところ
再塗装は次回以降に

コメント

  1. サッシばかりの例なので、家も同じ木製の雨戸の痛み、木製が好きな僕にとても参考になりました。

    返信削除
    返信
    1. 幾らかでもお役に立てたのなら良かったです。
      戸車を付けると高さが増して場合によっては元の枠に入らなくなるので気をつけて下さいね。

      削除

コメントを投稿