RB5 ギヤデフ仕様の準備

RB5の派生モデル、DBはギヤデフ(ベベルデフ)仕様なので、そのパーツを使って一度ギヤデフでの走りを試してみようと思いパーツを買い集めました。去年末にフタバ産業にて購入。

しかしパーツリストで良く確認していなかったため、OリングのORG-045Sを買い忘れてしまいました…。
ベアリングも一応新品を購入しましたが、前の物を外しての再利用でもOKです。パーツ代の合計はグリスやベアリングを除くと正味で2000円ちょい、割と気軽に試せる値段だと思います。普通は#10000から50000 位の硬めのシリコンオイルを入れるようですが、漏れが心配なので#30000のギヤデフ用グリスを入れて試してみます。
1/19訂正:もう少し柔らかめの番手を使うことが多いようです。

最低限必要なパーツのリスト
UM605, UM610, UM611, UM612, UM613, ORG045S


ZX-5は前回のレースで感触良く走ることが出来ましたが、終了後の10分間の練習走行時にメインシャーシを割ってしまいがっくり。寒さの影響も大きいと思いますが、頂き物のシャーシで少し前に交換したばかりなので凹みました。手元の残りは新品の1枚のみ。こうなると大人しく元郷の補強用プレートを購入した方が良さそうです。もしくはこのシャーシに適当な厚みのアルミプレートを直接貼付けて修理と補強を試みようかとも思います。

おまけ
昔使っていて先日紹介したFinepix F401を室内撮影用に復活させました。充電とPC接続が出来るクレードルが有るのでデータの読み込みが楽なのと、試してみたらそこそこ綺麗に写ってBlog用には十分な感じなので。リコール対象で数年前にCCDを交換済みなので、もう暫く脇役として現役を続行させてみようかと思います。

今回の写真はすべてF401で撮りました。

コメント