MTB シフトワイヤー交換

整備作業を少しずつですが進めています。
先日未使用のDeoreシフトワイヤーを発見したので使ってみることにしました。よって今回はアウターはそのまま再利用しインナーのみの交換です。



リアディレーラーも取り外して軽くメンテ。プーリーのメタル部分には柔らかめのモリブデングリスを塗布。本体は動き自体に問題は無いので無理に分解はせず、清掃し錆び止めとしてWD-40を全体に軽く噴いておきました。

取付後


エッジ部分に転倒時の傷が有ります

シフトケーブル
右が取り外したもの、ほつれや切れは有りませんがアウター無しの露出部が黒っぽく変色しています。
右が新しいケーブル、15年以上前に購入したDeore用。太さと太鼓の形状が一緒なので使ってみました。
いつもは粘性の有る保ちの良いオイルやルブを塗りますが、今回は試しに柔らかめのシリコングリスを塗ってみました。余ってた田宮のRC用を流用。



トップチューブ上のワイヤーライン。上からRディレーラー、Fディレーラー、Rブレーキの順。
画面左が前方向。この画像の時点では真ん中は未交換、上のみ新品。

現状
ライトはCAT EYEのLED3灯/単3x4タイプ、LEDライト初期の頃の製品。


コメント