トタン屋根の塗装

暫くブログの更新が滞っていたので、溜まってた分を過去に遡って記事にしてみます。


去年の暮れ頃から年明けまで、トタン屋根の塗り替え作業を行いました。


古い木造建築なので、塗装面が痛んで来たら定期的に塗り替えを行う必要があり、近年は私が担当しています。塗る作業自体は適宜ローラー等を使えば簡単なのですが、準備として下地を整える作業のほうは時間が掛かって大変です。


古い塗装の浮いて来た部分をスクレーパーで落としたり、ペーパー掛けで慣らしたり、全体の汚れをデッキブラシで落としたり。過去何度も重ね塗りしているのでその分がでこぼこになってるので、それほど完璧には出来ませんけど。地道な作業ですし面積がそれなりに有るのでとても疲れます。週末ごとに少しずつ作業をし、重ね塗りを含めると仕上げまでに数週間掛けてます。


塗る作業は個人的に好きなので苦痛になりません。色あせた物が綺麗になるのは嬉しいですし。
今回は普通のトタン屋根用油性塗料を塗った後、耐候性に優れたシリコンアクリル塗料を重ね塗りして仕上げました。本当はもっと上のグレードの塗料を使いたかったのですが、ホムセン巡りで発見出来なかったので妥協しました。


前回は保ちが悪かったので、これで改善されることを期待。10年とは言わないけれど、最低5年は保って欲しいな。


屋根西側。2月に撮った写真ですが、もう梅の木が咲いています。
夏ミカンは収穫後、ジャムになります。

よく見ると下地がでこぼこで粗いですが、気にしない事にしてます。

これはHRC2月戦の行われた2/14の早朝。見事に凍結しています。
気象予報で路面凍結の注意報も出ていたので、バイクで移動するのは危険と判断し参加を見送りました。

柚子と金柑。美味。

コメント